植毛の可能性

どんなに脱毛が進んだ人でも、後頭部には毛が残っていることが多いものです。
ということは、後頭部から毛髪を皮層とともに切りる自毛植毛の傷痕は、半永久的に隠されることになります。


また毛が生えそろってしまえば、床屋さんで自由に髪型を楽しむことができ、特別なメンテナンスは必要ありません。

植毛の専門サイトのココです。

また、1回の移植で不十分な場合、半年後に再度移植することも可能なので、数回の手術を繰り返しながら、徐々に毛を増やしていくこともできます。

この方法であれば、いつの間にか毛が増えて、周囲の人にも気づかれません。

自毛移植術は、状態によっては1回の手術で本数にすると7000本ほどの植毛を行う大量移植を実現しただけでなく、より自然な頭髪回復を目指す、移植の質にも考慮した方法です。最新の技術を使い毛髪や頭髪密度をチェックし、より完成度の高い頭髪回復を想定して慎重に決めます。


植え込む時の毛の方向やヘアラインなど、きめ細かなテクニックの配慮は、どの患者さんにも好評です。クリニックには、薄毛に悩むさまざまな患者さんがきますが、ブラウンヘアでも黒髪や白髪でも、より自然な生え際を再生しています。

医療脱毛の詳細はこちら

移植技術の質の高さが、大きなポイントなのです。

いくら痛みが少なく、安全だと言っても、植毛の仕上がりがいまいちですと、患者さんも納得されません。移植の質にもこだわっているため、専門の高度な技術を持ったスタッフで万全な態勢を整えています。手術をする医師、髪の生え際を担当するデザイン責任者、毛髪移植片を調製し移植する技術担当者で編成されています。自毛移植術は正確性と集中力を要する仕事ですから、個々に高度な技術を持つ専門スタッフの、相互信頼に基づいたチームワークがあって初めて可能となるのです。